白・パール・ホワイト車の洗車お役立ちサイト。 <白い車の洗車道>



<カテゴリ 一覧>
白い車の洗車の
基本を知ろう
白い車の洗車手順
雨ジミ対策
自分に合った
洗車スタイルを
見つけよう
白い車の洗車ブログ
当サイトについて
オススメの趣味が満載
趣味一覧.com













白い車の洗車道
白い車の洗車道 > 雨ジミ対策について > (3)雨ジミができたらどうするか?
(3)雨ジミができたらどうするか?
雨ジミができたらどうするか
どうやって雨ジミができないようにするか悩むより、雨ジミができた後の行動が大切。できるだけ早めにふき取ってしまえばガンコな汚れにならず、洗車も楽になります。
「雨ジミ(黒いタテスジ)は必ずできる」ということを前提とするならば、その対応策は「できるだけ早いタイミングで雨ジミを洗い落とす」ということに尽きるでしょう。

といっても、雨ジミがつくたびに洗車をしていたら大変です。そこで、とりあえず雨ジミだけでも濡れたタオルで拭き取ってしまいましょう。

雨ジミは泥や砂に比べれば粒子が細かいので、濡れたタオルやクロスでふき取ってもキズになりにく、もし傷がついたとしても白いボディは目立ちにくいので汚れたままにするよりはマシです。

車全体を洗わずとも、雨ジミの部分だけを拭くだけでも、周りの人からはキレイな車の印象を与えることができますよ。

雨ジミには濡らしたマイクロファイバータオルを! 雨ジミをふき取るのには濡らしたマイクロファイバータオルがオススメ。しっかりと汚れを取り除くことができます。
【ワックスやコーティングもオススメ】
もちろん、雨ジミがつきにくく、落としやすくする方法として、ワックスやコーティングもオススメです。塗るの手間はかかりますが、以降の洗車が楽になり車をキレイに保ちやすくなります。

特に簡易系コーティング剤と呼ばれるものは施工も楽なので、洗車のついでに短時間に使うことができ、かなりオススメです。

簡易系コーティング剤は使い方もカンタンでオススメ! 簡易系コーティング剤は使い方もカンタンで、洗車のついでに施工できるので時間短縮にもなります。雨ジミもつきにくく、落としやすくなるのでかなりオススメです。
<ポイント>
・できるだけ早いタイミングで雨ジミを拭き取る
・とりあえず雨ジミだけを拭きとるだけでもOK
・簡易系コーティング剤は楽に使えるのでオススメ
【このカテゴリーの記事】
(1)雨ジミの原因は?
雨ジミの原因は? 雨ジミの原因のひとつが大気に含まれるホコリやタールです。近年ではPM2.5や花粉の増加の影響もあり、更に雨ジミができやすい条件が増えてきています。...(続きを読む

(2)雨ジミができないようにする対策法は?
雨ジミができないようにする対策法は? どんなに気をつけていてもできてしまう黒い縦の雨ジミ。本当にうっとうしいものですが、雨ジミができないようにする対策法はあるのでしょうか?...(続きを読む

(3)雨ジミができたらどうするか?
雨ジミができたらどうするか? どうやって雨ジミができないようにするか悩むより、雨ジミができた後の行動が大切。できるだけ早めにふき取ってしまえばガンコな汚れにならず...(続きを読む

(4)洗車のタイミング
洗車のタイミング どうしても悩んでしまうのが洗車のタイミング。せっかく洗ったのにすぐ雨が降ってしまったりするとがっかりしてしまいますが、汚れを放置しないこ...(続きを読む

ページの上に戻る
© 2016白い車の洗車道
 - 白・パール・ホワイト車といった「白系」のクルマの洗車お役立ちサイト -

About 【白い車の洗車道について】