白・パール・ホワイト車の洗車お役立ちサイト。 <白い車の洗車道>



<カテゴリ 一覧>
白い車の洗車の
基本を知ろう
白い車の洗車手順
雨ジミ対策
自分に合った
洗車スタイルを
見つけよう
白い車の洗車ブログ
当サイトについて
オススメの趣味が満載
趣味一覧.com






















白い車の洗車道
白い車の洗車の洗車手順 > STEP4 クリーナーでガンコな雨染みを落とす
STEP4 クリーナーでガンコな雨染みを落とす
強力に汚れを落とすクリーナー
汚れを強力に溶かす溶剤やコンパウンドが入ったクリーナーを使えばガンコな汚れもサッパリ落とすことができます。
【カーシャンプーを上回る強力な汚れ落とし!】
クリーナーはその名のとおりクリーニング機能に特化した製品です。
具体的には
 ・汚れを溶かす(落とす)溶剤
 ・物理的に汚れを削り落とすコンパウンド
のいずれか(または両方)が入っており、シャンプーとは段違いの洗浄力を誇ります。

また、クリーナーには防汚効果(ワックスやコーティング)も備わった製品も多くあります。「強力に汚れが落とせるワックス・コーティング」といった感覚で使え、車についた汚れが落としやすくなるので、次回からの洗車時間を短縮することができます。
【ワンポイントアドバイス】
長年かけて固着してしまった汚れは一度では落ち切らないことも珍しくありません。そんな時にはクリーナーを繰り返し使って落としましょう。

一度では落ちないガンコな汚れには数回使いましょう 一度で落ちきらない場合は、何度か使うと落ちます。
それでも落ちきらない場合は、STEP5に進んでコンパウンドを使って落としましょう。

【これがあると便利!オススメ洗車グッズ】
スポンジ・・・汚れた部分を集中的にこすり落とすのに使います。小さなもので大丈夫。

マイクロファイバータオル(クロス)・・・クリーナーの施行や拭きあげに使えます。クリーナーの中にはコンパウンドを含んだ粉が残るものがあるので、きれいに拭きあげることができます。

マイクロファイバークロス・マイクロファイバータオル 残ったクリーナー成分や粉を残らずふき取るのにもマイクロファイバー製クロスがオススメ。
【このカテゴリーの記事】

STEP0 水で大きな汚れ(ドロや砂)を洗い流す
水で大きな汚れ(ドロや砂)を洗い流す ドロや砂が付いている状態でスポンジで洗うと、ボディに傷がついてしまいます。まずはざっと水をかけて大きな汚れを洗い流しましょう...(続きを読む

STEP1 カーシャンプーで雨染みや汚れを落とす
カーシャンプーで雨ジミや汚れを落とす 大きめのスポンジにシャンプーの泡をたっぷりつけて優しく洗います。虫の死骸や鳥...(続きを読む

STEP2 強力なカーシャンプーでガンコな汚れを落とす
STEP1で使ったシャンプーでは汚れが落ちなかった場合は、更に強力なカーシャンプ...(続きを読む

STEP3 目に見えない汚れや鉄粉を粘土で落とす
ネンド・トラップネンド ボディーの手触りを良くする「ねんど」。トラップネンドなどとも呼ばれており、ザラザラとした手触りの原因である鉄粉(てっぷん)を除去すること...(続きを読む

STEP4 クリーナーで汚れを落とす
クリーナーで汚れを落とす
汚れを強力に溶かす溶剤やコンパウンドが入ったクリーナーを使えばガンコな汚れも...(続きを読む

STEP5 コンパウンドで汚れを落とす
コンパウンドで汚れを落とす カーシャンプーやクリーナーでも落ちないガンコな汚れにはコンパウンドが有効。ただし効果が強力なだけに、磨きすぎには注意が必要です。 ...(続きを読む

STEP6 塗装表面をコンパウンドで整える
汚れが落ちるにつれて気になりだし始めるのがボディのキズ。細かい洗車キズやドアノブの爪キズはコンパウンドで目立たなくすることができます...(続きを読む

STEP7 ワックスやコーティングをかける
ワックスやコーティングは愛車を輝かせるだけではなく、汚れがつきにくくなる効果もあり、次回からの洗車が楽になります。多くの製品の中から...(続きを読む

STEP8 白い車をキレイに保つコツ
ワックスやコーティングは愛車を輝かせるだけではなく、汚れがつきにくくなる効果もあり、次回からの洗車が楽になります。多くの製品の中から...(続きを読む
ページの上に戻る
© 2016白い車の洗車道
 - 白・パール・ホワイト車といった「白系」のクルマの洗車お役立ちサイト -

About 【白い車の洗車道について】